塩澤寺(えんたくじ)厄除地蔵尊大祭 2019年最新情報も♪

塩澤寺(えんたくじ)厄除地蔵尊大祭  2019年最新情報も♪

甲府市湯村温泉郷にある、塩澤寺(えんたくじ)。

毎年2月13、14日は厄除地蔵尊のお祭がありますが、このお祭、ちょっとすごいんですよ!

なんと、24時間、夜通し行われるんです。

甲府の街は夜が早く普段は静かな場所だけに、初めて見たときは異様な光景にビックリしました。

地元では「厄地蔵さん」の名前で親しまれていて、甲府三大祭の一つでもあり、全国各地からも多くのかたが参拝にいらっしゃいます。

今回はそんな塩澤寺・厄除地蔵尊大祭について紹介したいと思います。

塩澤寺(えんたくじ)とは?

甲府市湯村温泉街の奥にあります。

塩澤寺は808(大同3)年、空海(弘法大師)によって創建されたと伝えられている、歴史のあるお寺です。

厄除地蔵尊大祭(やくよけじぞうそんまつり)ってどんな祭?

塩澤寺にある2体のご本尊のうち、国の重要文化財に指定されている石造地蔵菩薩増が、2月13日正午から14日正午にかけての24時間のみ耳を開こえるようになり、願いを聞き入れてくれると言われています。

そのことから2日間に渡って、しかも夜通し、お祭が開かれるのですね!

 

日時:平成31年2月13日(水)正午~2月14日(木)正午まで
場所:塩澤寺(甲府市湯村3丁目17-2)


湯村温泉郷は100以上もの露天が並び、車両通行止めとなります。

たくさんの警察がパトロールをしていますよ!

ちなみに夫も自治会の役のため、このお祭の日は毎年見回りをしています。

山梨は「組」や自治会が盛んです

 

また厄年の人は、歳の数だけ1円玉や飴玉、豆などの丸いものをお地蔵さんにお供えすると厄を免れるといわれています。

願いを聞いてくれるお地蔵さんは、全国でも珍しい石心木仏でうるし塗り、金箔押しで、県の文化財にも指定されているのですよ~。

Advertisement

塩澤寺へ行ったら見るべし!

塩澤寺でぜひ注目してほしい箇所があります。ここを読んでから行くと、より楽しめること間違いなし!ですよ。

舞鶴の松

山門の脇にあるクロマツは、県指定天然記念物にも指定されています。

高さはあまりありませんが、枝が横に30mも伸びています。

鶴が両翼を広げて舞い上がる姿に似ていることから「舞鶴の松」と言われているそうですよ。

日本最北端のシラカシ林

甲府市指定天然記念物となっています。

シラカシはドングリの1種で、シラカシのドングリは少し細長い形をしています。

塩澤寺のシラカシは最北端の自然林で、境内のあちこちにシラカシが自生しています。

シラカシの巨樹もありましたが、去年2018年に見に行ったときは切られてしまったあとで、切り株のみありました。

首浮き地蔵

名前はちょっと怖いですが、首と体が離れたお地蔵様で、願いがかなうときは首が軽く浮き上がるそうな。

お試しあれ~。

地蔵堂を裏手に回ると岩盤を50cmほどくり抜いた中に祀られています。

たんきりまっちゃん

かわいらしい名前ですが、こちらのお地蔵様も体と頭が離れています。

体は大きな自然石、その上にお顔を彫られた頭が乗っています。

淡や喉の痛みに苦しむ人が祈祷のために建てたと伝えられているそうですが、詳しいことはわかっていないと言われています。

こちらは墓地に祀られています。

なんともいえないお顔が愛らしく感じますね。

追記:お祭り当日参拝に訪れてみましたが、たんきりまっちゃん方面は通行禁止となっていました。厄地蔵さんの日は見れないようですね・・・。

行ってみよう

場所はこちらです。

HP:厄除地蔵尊福田山塩澤寺

最寄り駅は甲府駅ですが、当日は車両通行止めとなるため、公共交通機関を利用していくといいですよ。

ちなみに去年までは近くに大型スーパーがあり、その駐車場に止めていた方もいたかもしれませんが、閉店してしまったため2019年からは停めることができません。

臨時バスがでます

甲府駅バスターミナルから湯村温泉入り口までの、臨時バスが出ます。

2/13(12~22時)、2/14(9~12時)の間、随時運行される予定です。

大人220円、子供110円かかります。

HP:山梨交通 参拝臨時バスのお知らせ

ちなみに、甲府駅から徒歩だと40分ほどかかります。

レンタサイクルもありますが、一部車両通行止めになるのでお気をつけください

 

こんな口コミも・・・


13~14日にかけて願いに耳を傾けてくれるとのことですが、とくに夜中が一番聞こえるようになる、とのことですが、コメントにて「塩澤寺のご住職様は聞いたことがない」とご指摘を頂きました。

ご都合のよい時間帯に無理せず、参拝に伺いたいですね。

なお、時間によってはすごく並びます。早朝は比較的空いているようですね。


シールお守りのご供物として「ブラックサンダー」がついてきます。

今年2019年は、甲府山の手七福神めぐりが開催されているため、宝船と福田大黒天の柄が追加されているとのことです。

(のせ様、コメントありがとうございます)

すごいプレミアム感がありますね!個人的には「たんきりまっちゃん」がほしいです。

こちらの「切さんしょう」はいかがでしょうか?


山梨だけで食べられている和菓子です。

モチモチした食感で、山椒が入っているため後味がすっきりしますよ。

主に節分に食べますが、お祭でも販売しています。(山梨のスーパーでも売ってますので是非)

湯村山散策もオススメ

塩澤寺の奥の道から、湯村山へ登ることができますが、夜は危険なので辞めたほうが賢明です・・・。

おわりに

普段は静かな湯村温泉郷ですが、この2日間のみは大勢の人でにぎわいます。その数10万人にも及ぶとか・・・。(ちなみに、山梨県民80万人です)

寒い時期なので、暖かい格好をしてお出かけしてみてくださいね。

お天気のよい日中は、富士山や甲府盆地も見えますよ♪

楽しいスポット紹介

山梨のリアルな暮らしカテゴリの最新記事