毎年4月12日開催 「武田二十四将騎馬行列」参加方法やコースは?見に行ったレポートも

毎年4月12日開催 「武田二十四将騎馬行列」参加方法やコースは?見に行ったレポートも

毎年、武田信玄の命日(4月12日)に「武田二十四将騎馬行列」が行われます。

武田神社で開催される例大祭のイベントで、武田神社と遊亀公園の間を騎馬行列が練り歩きます。

信玄公祭りが4月最初の土日で終わり、興奮冷めやらぬうちにまた、馬に乗った鎧兜を着た武者達の行列が見られるのです!

信玄公祭りの武者行列より、小規模の行列となりますが、そのぶん魅力もたくさん詰まっています。

交通規制もなく、間近でお馬さんが見られるので、小さな子どもにも大人気となっています。

私も実際に見に行ってみたので、レポートも紹介したいと思います。

信玄公祭りの武者行列と比べると何が違うの?

この時期は信玄公祭りに始まり、いくつかの武田信玄関連のお祭りが開催されます。

信玄公祭りの武者行列」と「武田二十四将騎馬行列」、どちらも馬に乗った甲冑武者の行列なのですが、違いってなんでしょうか。

「武田二十四将騎馬行列」は・・・・

  • 信玄公役・勘助役芸能人はこない
  • 誰でも一般参加に応募できる(抽選あり)
  • 交通規制はなし
  • 規模は小さめだが、長い距離を練り歩く

信玄公祭りは、武者行列の信玄公役・勘助役に大物芸能人を呼んでいることもあり、ものすごい人が動員され、その数15万人とも言われています!そのため交通規制もして、道路を武者行列が歩きます。また、24将はそれぞれ団体で決まっているため、その団体に所属していない人は出られません。

一方4月12日に行われる「武田二十四将騎馬行列」では、一般に参加者を応募しているのです!公募で選ばれた人達が馬に乗ることができます。戦国時代が好きな人にとっては、夢のようなことですよね!私もいつか・・・と夢が広がります。

また「武田二十四将騎馬行列」は、信玄公祭りに比べると規模はだいぶ小さめとなりますが、武田神社から出発して遊亀公園までの距離(往復11Km)をゆっくりと時間をかけて歩いていきます。公園では小休憩も挟むので、お馬が見られるとあって小さいお子さんにも人気です。

住宅道路として普段から使っている道を、甲冑を着た武者行列が通るさまは、見ごたえがありますよね!

「信玄公まつりの武者行列」は山梨県内外から多くの人が訪れ、ところ狭しと見るのに対して、「武田二十四将騎馬行列」は地元の人がパラパラと集まってきて行列を見たり、追いかけて一緒に歩いたりする楽しみ方があるように思います。

参加してみたい!応募方法は?

2019年4月12日開催した行列の情報です。(現在は、受付終了しています)

募集人数 20人
参加資格 長時間の騎乗に耐えうる心身ともに健康な方
参加料 10,000円(乗馬指導・着付け・保険代含む)

※ 交通費・宿泊費は自己負担

お問い合わせ 055-237-5702(甲府市信玄公祭り実行委員会事務局)
公式HP 甲府市 観光情報

二十四将の一人として参加したかたの口コミです。


かっこいい・・・!

ちなみに、「武将」というと男性と思われがちですが、女性はもちろん外国人も馬に乗ることができます。年齢層も、20代~60代近く幅があるように感じるので、迷っているなら応募してみてはいかがでしょうか!?

2019年は104名の応募があったそうです。

Advertisement

どんなコース?どこで見たらいい?

甲府市HPによると、コースは下のようになっています。

10:30~16:20

武田神社 ⇒ 甲府駅北口 ⇒ 朝日通り ⇒ 甲府駅南口 ⇒ 平和通り ⇒ 三吉通り ⇒ 遊亀公園(休憩)⇒ コリド桜町 ⇒ 舞鶴城公園 ⇒ 舞鶴陸橋 ⇒ 武田通り北上 ⇒ 終了

地図に落としてみると、このようになります。

細かい時間や場所については公表されていませんが、お馬さんに乗ってゆっくりゆっくり歩いて行くようですね。

見る場所としてオススメなのは、以下の場所です。

  • 武田神社
  • 甲府駅北口・南口
  • 甲府市役所(近くの中央公園で休憩あり)
  • 遊亀公園(お昼休憩あり)
  • 舞鶴城公園(駐車場がないので注意)
  • 山梨県立図書館

一ヶ所で行列を見るのもいいですが、一緒について歩いていくこともできます。

また、休憩場所へ行けば、のんびりと休むお馬さんを見ることもできますよ。

2018年の様子です。


先に行われた信玄公祭りのような華やかさもいいですが、私はこの「武田二十四将騎馬行列」ののんびりとした雰囲気が好きです。


舞鶴城・桜・馬・・・合いますね~!

フットワークの軽いレンタサイクルがオススメ

2019年・見に行ったよ♪レポートします

ちょっと見て帰るつもりが、気がつくと一緒に歩いていました。

12時頃、山梨県庁前の平和通りへ行くと、甲府駅の方から音楽が聞こえてきました。どうやらこれから行列が来るようだったので、少し待つと・・・来ました!先頭車両です。

武田二十四将騎馬行列 武田信玄

にぎやかな音楽とともに・・・

武田信玄 武者行列

額に「武田菱」!!武田神社から歩いてきました。活気あふれるおみこしも。

おみこし 

24将の騎馬行列が続きます。

武田二十四将騎馬行列 武田信玄

最後は「山本勘助」と・・・

武田信玄 かんすけ

おやかた様こと、「武田信玄」ですね!かっこいいです!!!

武田信玄 武田神社

追いかけて歩いていると、甲府市役所南にある「中央公園」へ続々と入っていきました。どうやら休憩のようです。信玄さんも馬から降りました。

武田信玄

各々が休む時間・・・

武田信玄 休憩

お馬さんも休憩して、もぐもぐ・・・。このお馬さんは、小淵沢の乗馬センターから来てくれたそうです。かわいい。

馬 武田信玄

こういった、のんびりした時間があるから「武田二十四将騎馬行列」はいいですよね♪

そして、再び出発。

武田信玄 

お馬さんが「そそう」しても、ちゃんとお掃除隊がきれいにしていましたよ。

平和通りをどんどん南下して、目指すは「遊亀公園」です。道路は一車線使っていますね。車の中から見る人も。

武田信玄

お寺と武者行列、合いますね~。「千松院」前の道路を通りました。カメラを向けると手を振ってくれる武将も。ありがとうございました。

武田信玄

ついに、「遊亀公園」へ着きました!みなさんお昼休憩です。お馬さんもキューブを食べていますね。

武田信玄 

お疲れ様でした。休憩をはさみ、武田神社まで帰陣します。

残念ながら、時間の都合で私はここまでしかお付できませんでした。


無事に戻れたようです。

少しの時間でしたが、一緒に歩くことができて本当に楽しかったです。

一緒に歩いていると、行列の一部に参加したような気持ちになりました。

狭い道路だと、すぐ隣を歩いているんです!ぶつからないかドキドキしつつも同じ空間を共有して、気がつくと、恐れ多くも一緒に出陣しているような気分になっていました。

住宅地を歩くのも、現代によみがえった騎馬隊が出陣しているような、そんな不思議な感覚にさえなってきます。

近くに住む人や仕事中の人、保育園児たちなど、行く先々で出会いもありました。「武田二十四将騎馬行列」は、とても距離が近く親しみやすく感じ、信玄公まつりとは一味違った楽しみ方がありました。

にぎやかなおみこしの声、音楽、馬のひづめの音・・・実際に体験してみてはいかがでしょうか。

おわりに

今年の信玄公祭りに遊びに行ってから、すっかり戦国武将にはまってしまいました。

いつか、お付の人役としてでも、行列に参加したいです!

こうやってたくさんのお祭りから、武田信玄公が山梨県民にとって身近な存在となり、「信玄さん」として浸透されていくのですね。

「毎年のこととはいえ、毎回お祭りに行ってしまう・・・」と話していた山梨県民の一人を思い出しました。

観光情報カテゴリの最新記事