【山梨県 丹波山村】やけどに注意?日本一のローラーすべり台!何回滑ってもOKだよ♪

【山梨県 丹波山村】やけどに注意?日本一のローラーすべり台!何回滑ってもOKだよ♪

山梨県丹波山村にある、長さ247m・高低差42mのローラーすべり台で、下まで2分30秒で滑ります。

このすべり台で遊ぶために、丹波山村へ立ち寄る方も多く、大人気スポットとなっています!

 

わたしもこのローラーすべり台に来たくて来たくて、とっても楽しみにしていた一人です!

 

子供と遊んだ感想なども踏まえ、お伝えしていきたいと思います。

丹波山村「ローラーすべり台」

山梨県丹波山村は、山梨県北東部に位置し、多摩川の源流である丹波川や雲取山をはじめとする険しい山々に囲まれた自然豊かな村です。

移住・定住先としても人気高い地域なんですよ♪

 

ローラーすべり台がどこにあるかというと・・・、小峰山に築かれた丹波山城が目印で、このお城が滑り降りるスタート地点となっています。

山の中にお城が見える

駐車場は2ヶ所ありますが、すべり台のすぐ隣にあるものがオススメです。

もう1ヶ所は、すべり台まで250m(上り坂)歩きます。

丹波山村ローラーすべり台の一番近い駐車場

「日本一のローラーすべり台」の旗がありますね!

さっそく行ってみましょう♪

Advertisement

ローラーすべり台を滑ろう♪

受付は階段を登った先にあります。

階段を登っていきましょう。

ローラーすべり台の入り口

階段のあちこちに看板がついています。

ローラーすべり台入り口の看板

「受付終了4:30」、「定休日は毎週水曜日」、「これより先施設内へのペットの入場ペット同伴はお断り」、だそうです。

ローラーすべり台の入り口階段

「雨が降ったら中止です」、「ご利用にあたってのお願い」など・・・。

こ、これは・・・。

ローラーすべり台入り口の階段にある宇宙人の看板

「宇宙人を連れての襲来はお断りします」「手袋と専用の敷物があります。UFOでは、すべれません」と!

宇宙人、UFO!?タバスキー繋がり?なのかな???

 

「タバスキー」とは、丹波山村のゆるキャラです。丹波山村を守ってくれているそうですよ!

丹波山村のあちこちで見かけることが出来るので、ぜひ探してみてくださいね♪

タバスキー3色

タバスキー非公式ツイッター(@taba_ski )より引用

(書いててふと思いましたが、タバスキーの形状からUFOを連想していたのは、もしかして私だけなのかもしれません・・・)

 

階段には、ちこちゃんもいました。

ローラーすべり台入り口のちこちゃんの看板

山梨県の宇宙人ゆるキャラといえばこちら「ラジウム星人」も♪

すべり台は有料!まずは受付

階段を登ったところは、受付 & 待合所 & すべり台のゴール となっています。

この日は、9月下旬だったのでハロウィンバージョンに飾りつけられていました。

ローラーすべり台の受付所

受付はこちら。

丹波山村ローラーすべり台の受付

大人(高校生以上)400円、子供(小中学生)200円です。

今回は、わたしと子供で挑戦しました。

ローラーすべり台のチケット

ローラーすべり台は、小学生未満で、身長90cm以下のお子様はご利用になれません。

我が子は小学生未満の105cm前後ですが、「ここに立って」としっかりチェックされました。

 

滑る前に、じっくりと講習を受けます。

ローラーすべり台は受付で説明を詳しく受ける

今回は2人ですべるので、この長いビート版が2枚連結したものの上に座ってすべります。

軍手ももらいました(料金に含まれているため、お持ち帰りとなります)。

 

座る場所、座り方などを間違うと、ケガをしたり摩擦でヤケドしたりするそうです・・・。

 

ヤケドって、そんなにスピードが出るのかとドキドキするわたしを横目に、子供はワクワクキラキラしてました~。

 

ちなみにこちらが「基本の姿勢」とのことですが、親が前・子供が後で、子供は親の肩に手を置く姿勢がいいそうです。

ローラーすべり台の乗りかた

手荷物は、受付横のロッカーに入れることが出来ます。

受付にロッカーあり

さぁ、ドキドキの「日本一のローラーすべり台」へ行ってみましょう♪

丹波山村ローラーすべり台

すべり台までひたすら登る!

上の写真でお気づきかもしれませんが、受付場所はすべり台のゴール地点です。

スタート地点までは、すべり台横にある階段をひたすら登っていきます。

ローラーすべり台と階段

長さ247m、高低差42mのすべり台ということは、階段も・・・。

ローラーすべり台カーブもあり

途中、すべり台が曲がっていて立体交差している箇所や、橋の下を通る箇所などがあり、遊び心満載ですね!

 

暑い日だったので、登りがキツイ~。

水筒NG、ビート版を持って登ります!

 

歩いていくと、スタート地点であるお城に着きました。

ローラーすべり台始点はお城から

いよいよです♪

お城は展望台

まず丹波山城を見てみましょう。

中は広く、2階へ階段があります。

ローラーすべり台始点にある展望台のお城

上は展望台となっています。

外へ出てみました。

丹波山村が一望できます。

ローラーすべり台始点のお城展望台からの景色

反対側は、山々が。紅葉の時期も、きれいなのだろうな~。

ローラーすべり台のお城展望台からの景色

お城は、すべり台のために築かれた展望台で、歴史的な建造物ではないそうです。

ローラーすべり台に挑戦!

・・・の前に、タバスキーからのお願いを見ておきましょう。

タバスキーからのお願い

引用します。

タバスキーからのお願い

  • みんなで順番を守ってすべろう。
  • 手袋は必ず使ってね。手をやけどしちゃうよ。
  • 敷物は必ず敷こう。お尻をやけどしちゃうよ。
  • 立ったり、手を出したりふざけないですべろうね。
  • ブレーキは手で、手すりをにぎってね。
  • 物をもったり、何か食べながらすべらないでね。

とのことです。

 

「やけど」の文字に、そんなにスピードが出るのかとドキドキ・・・。

 

やけど防止に軍手をはめ、スタート地点にビート版を敷いて、子供と座ります。

ローラーすべり台スタート

ポジションを確認しつつ、レッツゴー!

ローラーすべり台を滑っている途中

まっすぐのローラーすべり台、だんだんと勢いが出てきました!

 

物を持ちながら滑ることができないため、写真も撮れないかな・・・と思っていたのですが、なんとすべり台途中でビート版が止まってしまうのです。

どうやらビート版が長いため、カーブでは後と前が当たってしまい、スピードが落ちるようです。

4人以上連結するとスピードがもっと出る、らしいですよ!

 

途中、トンネルもくぐります。(が、カーブで止まる・・・)

ローラーすべり台はトンネルもくぐる

ラストのまっすぐ坂道は、スピードも出て楽しかったです!

あっという間に滑り落ち、ゴール地点へ戻って来ました。

 

その後、また上まで行って滑り、結局計3回滑りました。なかなか暑い日で、階段を登るのが地味に辛かったです・・・。

 

すべり台は、スピードもそこまで出なかったため、心配したヤケドやケガもなく、と~っても楽しめました!

一緒に滑った子供は、もっとスピードが出てほしかったようです。

 

ちなみに、何人かで遊びに行って、途中で滑る人を交換するのはナシとなっています。

 

お客さんたちの記録がビート版に書かれて壁にかかっています。

記録が書かれたビート版

お名前部分は加工させていただきましたが、「真夏日のチャレンジャー 中学三年生・連続41回」・・・って、すごくないですか!?

すべり台をすべった事もすごいですが、真夏に41回も階段を登ったことがすごい!と思ってしまう大人デス。。。

1度料金を払えば、何回滑ってもOKなのも嬉しいですね!

 

もっと体を動かしたい!お隣小菅村へGO♪

 

ローラー滑り台の場所・営業時間など

営業期間 3/15~11/30
営業時間 3/15~9/30は、9:00~17:00(最終受付16:30)

10/1~11/30は、9:00~16:00(最終受付15:30)

定休日 水曜日
住所 山梨県北都留郡丹波山村437
お問い合わせ (0428)88-0466
料金 小中学生 200円

高校生以上 400円

※ 何階滑っても同額

サイト ローラーすべり台

※ 小学生以下で身長90cm以下のお子様は、ご利用になれません。

スリリングさでは、こちらをオススメ!

おわりに

丹波山村のローラーすべり台、相当なスリリングを味わえるのかな~と思っていましたが、思っていた危険もなく、とっても楽しくすべることができました。

景色もキレイで、風が気持ちいい!

丹波山村を肌で堪能できた気分でした。

子供と一緒に安全に楽しめるのは、本当にいい!私がもう少し元気なら、何回も挑戦したかったです。

注意点としては、「階段を自分で登る」ということです。お気をつけて~^^

 

 

観光情報カテゴリの最新記事