【甲府市 遊亀公園付属動物園】楽しみ方と魅力とは?マニアックに紹介します

【甲府市 遊亀公園付属動物園】楽しみ方と魅力とは?マニアックに紹介します

山梨県甲府市の中心近くに、遊亀(ゆうき)公園付属動物園があります。

昔ながらのちいさな動物園は、ちいさなお子さんでも歩いてすみずみまで見て回ることができます。

山梨県で一番多くの動物と出会えるのも、この動物園です。

 

私は動物が大好きで、東京に住んでいたころは上野動物園でアルバイトをしていました。

現在では、遊亀公園付属動物園にも足しげく通っています。

今回はそんな私が、遊亀公園動物園の魅力をマニアックに紹介していきたいと思います。

これを読んでから行けば、今までよりぐーんと楽しめること間違いなし!!

ただし、今回はかなり長くなりますよ~。

遊亀動物園は令和元年で100歳!

甲府市遊亀公園付属動物園(以下、遊亀動物園)は、大正8年に開設され、令和元年(2019年)で100年になります。

遊亀動物園 入り口 甲府市

歴史ある小さな動物園は、魅力もギュ~ッと詰まっています。

入園料が安い!しかも、猛獣もいる

駐車場は無料、入園料は大人320円・子供(小・中学生)30円と激安。

山梨県には無料の動物園、万力公園もありますが、こちらは草食獣中心です。遊亀動物園は、大型ネコ科・クマ科の動物(トラ・ライオン・マレーグマ・ユキヒョウ)に会えるんです!

(※ 山梨県鳥獣センターでもツキノワグマなどを保護しています)

遊亀動物園 甲府市

 

では、遊亀動物園について、一緒にじ~っくり見てみましょう♪

Advertisement

取り組み始めたエンリッチメントに注目!

動物福祉の観点から、動物が退屈せず快適に暮らせる工夫や取り組みのことを「エンリッチメント」といい、日本でも十数年前から動物園のエンリッチメントについて、考えられるようになってきました。

遊亀動物園は甲府中心部にある動物園のため、敷地面積も約14,000m2 (上野動物園の1/10)と、動物を管理するスペースとしては十分といえません。小さな敷地の中に、小さなケージが詰め込まれています。

そこで近年、遊亀動物園でも、動物のストレスを減らし異常行動を減らす目的で、飼育環境の向上に取り組み始めました。

 

エンリッチメントとは?(Wikipedia引用)

環境エンリッチメント(英: environmental enrichment)は、飼育動物の正常な行動の多様性を引き出し、異常行動を減らして、動物の福祉と健康を改善するために、飼育環境に対して行われる工夫を指す。飼育動物の福祉を向上させるもっとも強力な手段の1つとされる

引用:Wikipedia-環境エンリッチメント

 

動物にとってもいいことですが、動物園に訪れる私たちにとっても、動物がいろいろな動きを見せてくれたり生き生きとしている姿を見られるのは、嬉しいし見ていて楽しいですよね!

 

「環境エンリッチメント」としての取り組みは、正直なところ遊亀動物園の場合まだまだだと思います。

その背景には、敷地面積(飼育スペース)の問題、老朽化、予算など、いろいろあることとお察しします。

しかし、現在動物園の本格的な改修工事が決定し、2030年に完成予定となっています。敷地面積を1.6倍に拡大、トラの空中回廊などを計画しているようです。

参考)読売新聞オンライン

今後も目が離せませんね!

 

さて、話を「エンリッチメント」に戻して、アジアゾウ・テルについてみてみましょう!

アジアゾウのテル

アジアゾウのテル♀は、昭和55年(1980年)に遊亀動物園へ来園しました。

2019年で40歳になります。

こちらは、来園した当時の貴重な映像です。


こんなに小さなコゾウさんだったのですね。

 

ゾウは体が大きくとても賢い動物で、とくにストレスの影響を受けやすく、それは常同行動によってあらわれます。

 

常同行動とは?
ゾウが左右にユラユラ動いているのを見たことがあるでしょうか?

ダンスしてる、などといわれますが、これは常同行動といってストレス行動の一つです。

やることもなく、同じ毎日の繰り返しで、本来ならば自由に駆け回りたいと思ってもそれもできない、動物園という環境や、常にお客さんの視線を集めているという本来ならば隠れていたい動物の習性にそぐわないストレスなど、動物も多くストレスを感じていると考えられています。そんなときに、常同行動として現れてきます。

 

飼育環境のエンリッチメントに取り組み、帝京科学大学の学生さんがテルの行動観察を記録しています。

 

テルのエンリッチメントとしての取り組み
・砂場を作った

・餌の種類・与え方の工夫

・竹を与える(20年ほど前から)

・行動観察

などがあげられます。

砂場を入れる

ゾウの飼育スペースに砂場を作りました。テルは砂浴びをしたり砂を飛ばしたりして遊ぶようになりました。

まず、このテルを見てください!!


楽しそうですよね!こんなにはしゃいで喜ぶゾウを見たことがありません。

私も何度か見に行っているのですが、まだ一度も見れていないので、諦めずに何度でも行こうと思っています。

来園者にとっても、はしゃぐテルさんを見れるかどうかが毎回楽しみです。

遊亀動物園 ゾウ テル

集中して思い切り遊ぶようで、嬉しくなりますね。

 

実はこの砂場、弱点があります。

テルの体重で踏み固められてしまい、すぐにカチコチになってしまうそう。耕運機で耕すそうです。

飼育員さんのご苦労が目に浮かびますが、あんなに喜んでくれるならやりがいがありますね。

私もできるならば、耕すお手伝いがしたいです。

餌の種類・与え方の工夫

時間を決めて1日1回(13時頃)竹を与えるのは、20年ほどまえから行われていました(公式情報を頂きました)。

テルはバキバキと音を立てて竹をすべて食べてしまいます。

 

テルを観察していると、竹を鼻で持って足で割り、水につけてから食べる姿が見られます。テルは食べ物を水につけて食べるのが好きなようです。注目してみてくださいね。

 

竹を与える前、飼育員さんがテルの足裏を見たり体をチェックしたり、調教する場面も見所です。

遊亀動物園 甲府市 ゾウ

飼育員さんの指示で、後ろ足をあげています。

この様子は、13時頃行くと見ることができます

上から浮きをたらす

飼育スペースの上から浮きをたらすと、つついたりして遊ぶそうです。

写真の中央より少し右側、黒い丸が「浮き」です。

遊亀動物園 アジアゾウ テル

いつも同じではなく、多少の変化を与えることが重要なようです。

他にも、不定期に野菜や枝を入れるなどして、変化を作っていると伺いました。

園内で剪定した木は、動物達へ。

行動観察とは?

帝京科学大学の学生さんによる、行動観察は、不定期で行われているそうです。

エンリッチメントの効果を客観的に評価する目的で行われているとのことです。

1時間の間、どんな行動をしたのかを1分毎にチェックリストでみていきます。

行動観察をしている様子は、時々お見かけすることがあります。

みんなに愛されているテルさん。これからも幸せに長生きしてくださいね。

チンパンジー舎

遊亀動物園のチンパンジー舎は、たくさんの工夫が詰まっています。こちらのケージには、目を引くハンモックがあります!

遊亀動物園 甲府市 

このハンモックは、消防ホースを利用して帝京科学大学の学生さん達で作られました。

他にも、ピーナッツやビスケット、ジュースなどがあちこちに隠されているようです。

遊亀動物園 甲府市

ワークショップで集まったみなさんと学生さんたちで考え、作ったおもしろい仕掛けがたくさん!

遊亀動物園 甲府市

たとえば・・・

・壁に当てたり、竹の棒でたたくと音が鳴る遊具

・ひまわりの種が入っているタイヤ

・飛び出たパイプの餌を長い棒でたぐりよせて食べる道具

などなど、現在は使われていないものも含むそうですが、おもしろいアイディアが詰まっています。

遊亀動物園 甲府市

この日は暑い日で、木陰で休んでいたようです。夕方あたりが狙い目かな~?

遊亀動物園 甲府市

チンパンジー前には、野菜が植えられました!


これは見てみたい! 口にくわえた草がかっこいいですね・・・!

小型サル舎

小型サルは、コモンリスザル・ワタボウシパンシェ・コモンマーモセット・クロミミマーモセットの4種がいます。

こちらもエンリッチメントに取り組んでいます。


枝をたくさん組んでいれました。

(むしろ今まではなかったのでしょうか・・・!?)

そのお陰か、たくさんの赤ちゃんがうまれました!!

私が会いに行ったときは、コモンマーモセットのお母さんが2匹におっぱいをあげていて、とってもかわいかったです!(2019.5月上旬)

 

ただ動物を見るのももちろんいいのですが、少し飼育環境や動物の動きに注目してみると、たくさんの発見があり、より一層楽しめます!

個性豊かな動物達!人気動物をちょこっと紹介

遊亀動物園では、約40種の動物を飼育しています。

1種1種、紹介していきたいところですが、長くなりすぎてしまうので・・・とくに人気のある動物を紹介していきます。

なお、アジアゾウのテルさんも外せないと強く思うのですが、上でたくさん語らせていただいたので、ここでは割愛させていただきますね。

絶滅危惧種・ユキヒョウのミュウに会える!

野生のユキヒョウは、絶滅危惧種に分類され、生息数が減少しています。

とても希少なユキヒョウが遊亀動物園で会えるのです!!!

ユキヒョウは、寒い地域に住む動物のため、ふわふわの毛皮に小さな耳、そして長く太いしっぽがあります。白い毛皮は神々しく、とても人気です♪

 

けれど、甲府盆地ど真ん中・・・もふもふの毛皮が暑いですよね・・・。夏場はエアコンの効いた室内を出入りできるようになっています。

しかも、ミュウは国内最高齢のメスのユキヒョウです。(2003.5.4 多摩ズー生まれ)暑い甲府の夏を元気に乗り切って、長生きしてほしいです。

こちらは、先日のお誕生日会の様子!


お肉のケーキ♪ おめでとう!

 

飼育員さんに棒でなでられに来るミュウさん。かわいすぎる。

遊亀動物園 甲府市

信頼関係が伺えますね。ミュウさんも嬉しそうです。

レッサーパンダ ホクトとクウ

不動の人気・レッサーパンダ。丸っこい顔に内股の腕、茶色い背中なのにお腹は黒い。みなさんよくご存知だと思うので、何もいうことはありません。

うん、かわいいですね!

遊亀動物園 甲府市

木登り上手で時々立ち上がる姿は、見ていて飽きません。起きているときは動いていることが多いのも魅力的ですね。

いないときは、室内に入っているか、木の上です。暑いのは苦手で、涼しい日の方が活発なようです。

2~5月は2匹が同居するので、運動場で同時に見ることができます。

ブラジルバクのプーロとハナ

遊亀動物園の奥の奥、遊園地エリアにある黄色い足跡についていくと・・・

アメリカバク 遊亀動物園 甲府市

ブラジルバク(別名:アメリカバク)がいます! この道を通って会いに行く、というのが隠れ家のようで、とても好き。

アメリカバク 遊亀動物園 甲府市

この日は、オスのプーロのみが運動場にいました。

アメリカバク 遊亀動物園 甲府市

「バク」というと、あの白と黒のツートンカラーのバクを思い浮かべましたか? 白黒は、マレーバクといいます。

遊亀動物園のバクは、ブラジルバク(アメリカバク)で、茶色い体をしています。

おっとりとした性格で、愛嬌のある体に長い鼻、見ていると本当に癒されます。

ブラジルバクは、長い鼻先が自由自在!


プーロ♂ は ハナ♀ のことが大好き! 二人の様子を見てくださいね♪

ハナ♀は、2011年に一度出産をしています。(そのときの子供ユメカは無事に成長して千葉県へ移動しています)

2018年、2019年と出産はしましたが、いずれも赤ちゃんが亡くなってしまいました。

ブラジルバクも絶滅危惧種です。ベビーが誕生するといいなぁと思いつつ、ムリしないでほしいとも思います。

ふれあい広場のモルモットに名前をつけよう

遊亀動物園のなかの「こどもどうぶつえん」は、動物とふれあえるエリアです。

遊亀動物園 甲府市

「ふれあい広場」は、モルモットを膝に乗せることができます。

遊亀動物園 甲府市

手を消毒してからイスに座ります。タオルの上にモルモットを抱っこ。

遊亀動物園 甲府市

ふれあいコーナーのモルモットは、すべてメス。オスは全部で4匹のみで、計画的に繁殖をしているそうです。

抱っこできるモルモットは、わらの中に隠れています。

遊亀動物園 甲府市

触ったあとは、近くの水道で手を洗いましょう。

モルモットに尻尾はあったかな?指は何本かな?

抱っこしながら、観察してみましょう♪

 

モルモットふれあいコーナーの時間
午前10時30分~11時30分

午後1時30分~3時00分

※令和元年5月より、時間短縮となりました

 

モルモットは、すべて名前がついています!

遊亀動物園 甲府市

このモルモットたちの名前は、来園者がつけます。

毎年9月の動物愛護デーやクリスマスイベントなどで、その年に生まれたモルモットの名前をつけることができます。


ちなみに・・・モルモットがウンチをしてしまったら、しおりを頂いたことがあります。

逆にラッキーでした!

こちらです。レアもの!?

遊亀動物園 甲府市

Advertisement

みんなで作り上げていく動物園・手作り品や絵がいっぱい

遊亀動物園のいい所の一つ、手作り品があちこちにあります。クオリティーが高く、動物愛を感じるのですよね。

飼育員さんによる手作りゴミ箱・・・全部で4つあります。

探しながら歩くのも、楽しみ方の一つなので、場所は内緒です。

遊亀動物園 甲府市 ゴミ箱 手作り

 

ビーバーの看板は、ビーバーをこよなく愛する来園者から。

遊亀動物園 甲府市 看板 手作り

園内には、その年の干支看板が。毎年年賀状の時期が近づくと、次の干支看板が設置されます。2019年はイノシシ年。

遊亀動物園 甲府市

さっそく「令和元年」も。

遊亀動物園 甲府市

動物園に入ってすぐ正面にある、園内ガイドマップも手作りです。

遊亀動物園 甲府市

「こどもどうぶつえん」の壁画も子供たちが描きました。

遊亀動物園 甲府市

ゾウ舎前は、写生大会で描かれた作品がならびます。

遊亀動物園 甲府市

(社)甲府青年会議所と こうふ開府500年を記念して、手形がいっぱい!(写真左に子供の手が入ってしまいました・・・怖い感じですみません)

遊亀動物園 甲府市

あちらこちらにあるアート作品は、みなさんで作られているんですね。

アート作品を見ながら回るのも、遊亀動物園の魅力の一つです!

この「みんなで作り上げていく動物園」が、より動物を身近に感じることができ、親しみやすさを増しますね♪

暖かみが感じられます。

動物と会える場所♪ 他にもあります

遊園地は1回遊ぶと次回無料券がもらえる

遊亀動物園の奥には、ゆうえんちがあります。

遊亀動物園 甲府市

レトロで昭和の香りがする遊園地、と小さなお子さんだけでなく、大人も足を踏み入れたくなる空間です。

遊亀動物園 甲府市

所狭しと並ぶ乗り物たち。すべて有料ですが、1回10円のボードゲームもあります。

遊亀動物園 甲府市

ゆうえんち園内を走る汽車は、お客さん1人でも運行してくれます。写真では、汽車前のヘッドマークが「令和」ですが、時期によって変わります。(クリスマスならリース、など)

遊亀動物園 甲府市

 

汽車は15分おきに発車

始発9:00 ~ 最終16:45

15分おきに発車しています

汽車は1回100円のコインを買って、運転手さんへ手渡しします。

遊亀動物園 甲府市

遊園地で遊ぶと、100円無料券がもらえます!

遊亀動物園 甲府市

また有効期間内に行こうって思えるんですよね。く~、うまいこと考えましたね!

葡萄猿の彫刻

実は2018年に、ぶどうを持ったサルの石、「葡萄猿」がリクガメの飼育場で発見されました!

遊亀動物園 甲府市

その後、ゾウの飼育場前の場所へ移動され、立派なおうちが作られました。

「葡萄猿の彫刻」について、たて看板を引用します。

これは、昭和初期に動物園の門柱に立っていた、ブドウを手に持ったサルの彫刻です。

平成三十年の六月に、カメの運動場で発見しました。

動物園は来年、百周年を迎えます。

開園当時から市民の憩いの場として愛されてきた動物園の象徴として、これからも大切にしていきます。

この建物は、ブドウ猿が雨風に当たって劣化しないようにと、甲府市中小河原の「松木工務所」さんが製作、寄付してくださいました。

とのことです。

写真だと少しわかりにくいですが、向かって左側にブドウの房が見えますね。

遊亀動物園 甲府市

長い間気付かれず、外に置かれていたため劣化しています。100年前に作られた彫刻の歴史を感じますね。

最新情報は公式ツイッター・Facebook をチェック

随時最新情報をあげていただいています。

遊びに行く前にチェックしてみると、その日の見所がわかるかもしれません。

遊亀公園付属動物園の公式HP:https://www.city.kofu.yamanashi.jp/zoo/

公式ツイッター:@kofu_yuki_zoo

公式Facebook:@kokuyukizoo

場所・入園料・開園時間など詳細

施設名 甲府市 遊亀公園付属動物園
開園時間 4~10月(9~17時、入園は16:30まで)

11~3月(9:30~16:30、入園は16時まで)

休園日 毎週月曜日
入園料 個人(大人320円、小・中学生30円)

団体30名以上(大人270円、小・中学生20円)

住所 〒400-0865 山梨県甲府市太田町10番1号
電話 055-233-3875
駐車場 無料

「アニマルマルシェ」開催予定!

先日動物園へ行くと、ちらしを発見!

趣旨を理解した上で賛同し、勝手に告知させていただきます。

遊亀動物園 甲府市

まずこのちらし、かわいすぎですよね。愛を感じます。

額に入れて飾りたいレベル。

 

「アニマルマルシェ」でできることは・・・

・フラミンゴの羽ピアス

・やまあらしのとげを使ったワークショップ

・ゾウの行動観察体験

・ブラジルバクの餌やり

・獣医さんとバックヤードツアー

などなど・・・どれも楽しそうですね♪

 

「アニマルマルシェ」は、資金を集める窓口となる「動物園基金」設立をめざすことを目的とした、最初の1歩として開催されるようです。

上でも紹介したように、遊亀動物園のエンリッチメントは始まったばかり、飼育環境の改善が必要な箇所はまだまだあると思います。

こんなに魅力的なマルシェが、動物のために繋がるなんて本当に素晴らしいことだと思います!

日時:2019年6月30日(日)10:00~16:00 ※雨天中止

場所:甲府市遊亀公園内芝生広場・動物園入り口周辺エリア

入場:無料(※ 動物園への入場は入場料が必要)

主催:アニマルマルシェ実行委員会

おわりに

好きすぎてずっと書けずにいた遊亀動物園について。想いが溢れてとんでもなく長くなってしまいました。これでも、ずいぶん削りました。

ここまで読んでいただけるかたはいらっしゃるのでしょうか・・・。

山梨が誇る唯一の動物園。

これからも期待しています。ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 

公園カテゴリの最新記事