冬限定【八ヶ岳スケートセンター】初心者レッスンあり!屋外リンクの様子&クーポン割引情報を紹介

山梨県北杜市小淵沢町にある、屋外のスケート場「八ヶ岳スケートセンター」。

ここは冬限定でオープンします。

1周400m、幅13m のスケートリンクは、八ヶ岳や南アルプスも見え、開放感バツグン!

冬の山梨は晴れの日が多く、真っ青な空は「八ヶ岳ブルー」といわれます。

気持ちのいい空の下、思いっきり遊びましょう♪

 

初心者でも大丈夫!日曜日は無料の初心者レッスンもやっています。

かくゆう私も高校生以来(ウン十年ぶり!?)にスケートに挑戦しました!

 

今回は「八ヶ岳スケートセンター」について

  • 基本情報やアクセス
  • 駐車場情報
  • リンクや休憩所の様子
  • おとくな情報

などを紹介していきます。

山梨県立八ヶ岳スケートセンター

八ヶ岳スケートセンターの外観

冬のみオープンする屋外スケート場です。

令和元年度の営業期間は、令和元年1月20日~令和2年2月11日(期間中は無休)となります。

 

基本情報

※ 見切れている場合は、横へスクロールしてください

施設名山梨県立八ヶ岳スケートセンター
住所〒408-0044 山梨県北杜市小淵沢町上の原3989-1
電話0551-36-4796 (11月1日~3月31日)
営業時間9:00~18:00(最終受付17:00)

※ 製氷作業を行う時間帯(20分間)は滑れません

公式サイトやまなしスポーツ情報ネット

 

※ 屋外リンクのため天候等で左右されたり、競技で貸切の場合もあります。

※ 営業予定等は、上記の公式サイトまたはお電話でご確認ください。

 

場所・アクセス・駐車場

アクセス

《お車の場合》小淵沢ICより約5分

《電車の場合》JR中央本線 小淵沢駅下車 タクシーで約8分

 

駐車場

駐車場は2ヶ所あります。

・八ヶ岳スポーツセンターの前

・市営駐車場

※ 八ヶ岳リゾートアウトレット駐車場に停めて歩くこともできますが、有料(300円)となります

 

市営駐車場はこちらです。八ヶ岳スケートセンターまで徒歩5分ほどの距離になります。

八ヶ岳スケートセンターの駐車場

 

利用料金

滑走券・貸し靴券を購入します。

滑走料金貸し靴
一般料金団体料金(20名~)
一般・大学生850円640円1足

500円

高校生640円420円
中学生以下420円220円

 

遊んできたよ!レポートします

子供がスケートに行きたい!とのことで、スケートへ遊びに行くことに。

屋外スケート場というのも初めてでした。

八ヶ岳スケートセンターの見取り図
パンフレットより

全体的に広々としたつくりになっていました。

 

受付&製氷時間の確認

入ってすぐ左側に受付があります。

料金(滑走料金と貸し靴料金)は先払いとなります。

手袋を忘れた場合は、200円で購入することができます。

 

受付横にあるホワイトボードを確認しましょう!

八ヶ岳スケートセンター受付にあるホワイトボード

ホワイトボードで、製氷時間を確認

製氷時間はスケートで遊べません

1日のうち数回(1回約20分)あるようです。

 

ソリレンタル(1時間500円)があるので、本当に初心者でも楽しめます!

みんなでスケートできるのがいいですよね~。

ソリレンタル1時間500円

ソリは1人が座り、1人が後から押して使います。(動画中に押している様子が映っています)

 

ヘルメットは無料で借りることができます。サイズは、S・M・Lの3種類。

無料貸し出しヘルメット

無料の初心者レッスン

安心の無料レッスンがあります。

初心者向けショートレッスンの案内

初心者を対象とした、無料ショートレッスンです。

毎週日曜日、午後2時~2時半までの30分間

ご希望の方は、受付後、受付近くにあるテーブルで氏名・人数を記入します。

八ヶ岳スケートセンターのショートレッスン受付

時間になったら集合場所へ行きましょう。

高校生以来だったので、私も参加しました!

最初はビクビクでしたが教えていただいたおかげで、少し練習したら一応滑って遊べたので、参加してよかったと思います。

 

売店でお昼が食べられる

八ヶ岳スケートセンターは、土日限定で売店がオープンします。

八ヶ岳スケートセンターの売店

売店メニューは、やきそば・からあげ・ポテト・揚げだこ・豚汁・焼き芋・タピオカなどがあります。

テーブルやイスもたくさんあるので、その場で食べることができるのがいい!

施設から出ないで、1日遊べるのが嬉しいですね。

おやつや休憩にも♪

 

更衣室&ロッカー

男女にわかれた更衣室があります。

ロッカーもありました。

今回は更衣室を利用しなかったため、写真がなくてごめんなさい。

代わりに、次で紹介する休憩室を利用しました。

 

休憩室

受付して貸し靴をレンタルしたら、一度外へ出る形になりますが、休憩室があります。

八ヶ岳スケートセンターの休憩室

休憩室の中は、このようになっています。

ストーブが暖かかったです。

ファミリーや団体さんの場合は、休憩室のほうが一緒にいられてよいかもしれません。

八ヶ岳スケートセンターの休憩室内の様子

ロッカーは1回50円、お金は戻らないタイプでした。

八ヶ岳スケートセンターの休憩室内にあるロッカー

靴を履き替えたり、荷物をまとめてロッカーに入れたりするのなら、休憩室が便利です。

ただ個室はありませんので、洋服を着替えたりする場合は、更衣室を利用しましょう。

 

スケートリンクの様子

見てください、八ヶ岳スケートセンターのこの開放感!!!

八ヶ岳スケートセンターのリンクの様子

1周400m、幅13mのリンクは、本当に広々しています!

 

屋外なので当たり前ですが天井はなく、柵や壁もありません・・・。

初心者や久しぶりの人には、ちょっと怖いんじゃ・・・。

 

そのための(!?)、初心者無料ショートレッスン

八ヶ岳スケートセンターの無料ショートレッスンの様子

受講されるかたは、ゼッケンをつけて先生に教えてもらいます。

 

私が受けたときは、氷の上での歩き方・滑り方・止まり方、など基本的なことを教えてもらい、一人一人チェックしてくれました。

 

レッスン中は転んだらどうしようと怖い気持ちが大きかったですが、少しずつ慣れてきて滑ることができた・・・と思います。

 

見物や休憩用のイスもたくさんありました。

八ヶ岳スケートセンターのリンク

ちなみにカーブするところには、壁があります。

八ヶ岳スケートセンターの壁がある場所

ですがこの壁は、つかまるための壁ではありません。

どう見ても、曲がりきれずにぶつかるようの壁ですよね。

柔らかいクッションのようになっています。

 

一部、柵もありましたが、こちらもつかまって滑る練習用ではありません。

八ヶ岳スケートセンターのリンクの様子

ここは休憩室への出入り口となっているため、柵があるのかと思います。

 

私が訪れた日はお天気がよかったので、氷はこのように少しずつ溶けている場所もあり、スケート靴の跡もついているところがありました。

八ヶ岳スケートセンターのリンクの様子

そのため、その日の気温や利用者の数によって、定期的に製氷車がでます。

製氷の時間は全員リンクから出なくてはなりません。

休憩時間となりますね^^

 

製氷車は2台ありました。こちらと・・・

八ヶ岳スケートセンターの製氷車

こちら。

八ヶ岳スケートセンターの製氷車

カナダのバンクーバーオリンピックのマークがついていました。

かっこいいです!

車好きなチビッ子や、大人でも釘付けになってみてしまいますね。

氷も、とてもキレイに輝いています!

 

ちなみに製氷車はお仕事のあと、こんな動きをして、削った氷を捨てていました。ビックリ!

製氷車が氷を出すところ

 

 

関連記事

山梨県にある「シャトレーゼ白州工場」は、無料でアイスを食べられることから、大人気の工場見学スポットとなっています。1時間という見学時間を有効に、工場見学を楽しむポイントを紹介していきます。 我が家はたびたび[…]

試食アイスがビッシリ入っている様子

 

クーポン・割引を紹介

八ヶ岳スケートセンターは、滑走料金(一般850円・高校生640円・中学生以下420円)+貸し靴料金(一律500円)がかかります。

貸し靴料金が半額になるクーポンや割引を紹介します。

 

  • 「八ヶ岳リゾートアウトレット」の当日レシートを持参
  • 近隣の宿泊施設・山梨県ペンション連合会加盟のペンション利用者
  • 「やまなしめぐり冬号」「るるぶFREE山梨」などを持参
  • パンフレットを持参

 

それぞれ詳しく見ていきます。

 

「八ヶ岳リゾートアウトレット」の当日レシートを持参

「八ヶ岳スケートセンター」の隣にある「八ヶ岳リゾートアウトレット」でお買い物した当日のレシートを見せると、貸し靴が半額の250円になります。

1枚のレシートで、1グループ(5名まで)使うことができます。

八ヶ岳スケートセンターからも近いアウトレット

歩いても行ける場所にあるので、ぜひ!

 

近隣の宿泊施設・山梨県ペンション連合会を利用

近隣の宿泊施設「八ヶ岳ホテル風か」や、山梨県ペンション連合会加盟のペンションをご利用したかたは、貸し靴が半額の250円となります。

八ヶ岳スケートセンター周辺にも、たくさんのペンションがありますよ!

 

「やまなしめぐり冬号」「るるぶFREE山梨」などを持参

フリーペーパーを持参すると、1グループ5名までの貸し靴が半額の250円となります。

  • やまなしめぐり冬号
  • るるぶFREEやまなし 秋冬号
  • まっぷるマガジン 家族でおでかけ冬号
  • 地域みっちゃく生活情報誌 なないろ

などがあります。

 

パンフレットを持参

八ヶ岳スケートセンターのパンフレット

三つ折りになっているこちらのパンフレット、開いて右上に「スケート靴レンタル料の半額券」がついています。

パンフレットは、私は小瀬スポーツ公園でゲットしました。

 

滑走料が無料の日

八ヶ岳スケートセンターは、滑走料(一般850円・高校生640円・中学生以下420円)が無料の日があります。

令和元年度の営業内容で紹介しますと、

・11/20(火)「山梨県民の日」(今シーズンは、この日にオープン)

・2/2(日)「富士山の日」

の2日間は、全員無料となります。

 

毎週土曜日は高校生以下の滑走料が無料となります。

 

※ 滑走料のほかに、貸し靴料金(一律500円)がかかります

 

近くで遊べる場所&ランチはこちら

 

おわりに

八ヶ岳スケートセンター、と~っても楽しかったです。

久しぶりすぎて、転ぶかな~と思っていましたが、意外と転ばずに滑れたのがちょっと嬉しかったです!

滑っているときのほうが、氷の上なのに、体も温まりました。そのあと八ヶ岳アウトレットへ遊びに行きましたが、寒かったです・・・。

私が訪れたのは年末でしたが、お客さんが少ないわけではないのですが、スケート場が広々していたのと開放感があり、窮屈な感じではありませんでした。

また遊びに行きたいと思います。