【甲斐黄金村・湯之奥 金山博物館】下部温泉で金が採れた!クーポンも♪

【甲斐黄金村・湯之奥 金山博物館】下部温泉で金が採れた!クーポンも♪

山梨県身延町にある下部温泉郷の中に、甲斐黄金村・湯之奥 金山博物館 があります。

このあたりは、名前の通り昔から「金(GOLD)」が採れました。

下部温泉は武田信玄公が戦いの傷を癒したといわれ「信玄の隠し湯」としても有名ですが、「信玄の隠し金山」ともいわれています。

博物館では、金山の歴史や大人気の砂金採り体験ができます。

採った砂金はお持ち帰りできますよ♪

 

我が家も夏休みに「金山博物館」へお出掛けしてきたので、

  • 博物館の様子
  • お得な割引情報
  • オススメ周辺スポット

など、紹介していきたいと思います。

 

中部横断自動車道ができたお陰で、甲府方面からも1時間かからずに着きます。

大人のほうが夢中になってしまう、と~っても楽しい博物館です!

甲斐黄金村・湯之奥金山博物館について

下部温泉の金山博物館外観

JR身延線「下部温泉駅」から歩いて5分、下部温泉郷のなかにあります。

甲斐黄金村・湯の奥金山博物館(以下、金山博物館)では、金の歴史について学ぶことができ、大人気の砂金採り体験ができます。

このあたりは、昔から金が採掘できたそうで、今でも金山博物館前の川で、砂金が採れるとか。

ただし金山博物館で砂金採りの方法を学んでから、川へ行くことをオススメします。

Advertisement

博物館の様子

金山博物館の無料駐車場はドーンと広い!

金山博物館の駐車場

写真奥に博物館があります。

山側(写真左手側)が日陰になることが多いです。

 

入り口はこちら!

下部温泉金山博物館の入り口

中に入ると右手側にスタンプがありました。

金山博物館入り口横にあるスタンプ

受付はこちら。

下部温泉の金山博物館の受付

受付で料金を支払います。

博物館のみ・砂金採り体験のみ・博物館&砂金採り共通券の3通りから選べます。(詳しい料金やクーポン情報などは、記事の下方にあります)

今回我が家は共通券を買いました。

 

館内の地図はこちら。

金山博物館見取り図

博物館展示室は2階砂金採り体験は1階です。

 

それでは、博物館の展示を見に行きましょう!

ここから歩いていきます。

下部温泉金山博物館

ここは「金山への路」と題されていますが、緩やかな上り坂となっています。

金の発掘へ行くときの様子を体感しながら歩いてください、とのことでした。

なるほど、山登りしている感覚でしょうか、ワクワクしてきますね♪

壁には金箔が!!

博物館の壁に金箔

ん?少し盗られてない?それともデザイン??

 

まずは映像シアターで山梨県の金山について学びました。

金山博物館の映像シアター

12分ほどの上映で、戦国時代の歴史や信玄と金の関係についてなど、わかりやすく学べます。

 

お次はこちら、坑道体験!

金山の発掘体験

この坑道模型は実際の中山金山をあらわしているようです。しかも、最大サイズのようですが、大人は腰をかがめながら歩く高さです。

狭い坑道を通って、金を掘りに行ってたのですね。

道幅より気になったのは、坑道の天井部分にたくさんの「サザエ」がぶら下がっていたことです。

昔は海だったのでしょうか!?

 

そういえば、身延町に「化石公園」がありました。(ここもなかなかおもしろい公園なので、オススメです。)

金山博物館と同じ身延町は、海の化石が発掘されています

 

博物館内の様子は、一部のみ紹介しますね♪

ジオラマ展示室です。

博物館内のジオラマと金

ジオラマの前にあるショーケースの中には、

金山博物館内の金

 

GOLD!!!!

 

光り輝いています!

こちらの金は、「甲州金(露壱両判)」と呼ばれるもので、とても貴重な金とのことです。

日本で初めて金の貨幣制度を整えたのは、武田信玄公です。

当時~江戸時代まで甲斐国内で流通した金貨なのだそうですよ!

この一粒で現在ではどれほどの価値があるのでしょうか。厳重に展示されているところからも、相当価値があるものと想像できますね。

 

ジオラマでは、当時の生活の様子を学ぶことができます。

金山博物館内のジオラマ

金を採掘したり、精製していた様子が伺えます。

 

他にも、パネル展示や当時使われていた道具など、とても興味深い展示がたくさんありました。

金山博物館の展示

見るだけでなく、体験するコーナーもありました!

金山博物館で石臼体験

「記念写真撮影用」とのこと。

実際に石臼を回すことができるのですが、やってみると結構大変でした。

 

山梨県の歴史とともに発展してきた金について、詳しく学ぶことができます。

歴史好き・石好き・金好きのかたにオススメの博物館です。

 

砂金採り!

室内で砂金採りをするところは、こんな感じ!

金山博物館室内の砂金採り

長い水槽が3つ、その周りにズラ~っと容器(パンニング皿)が並んでいます。

写真奥では砂金採りをしている方たちが!

 

壁に「砂金採りの極意」がありました。

たて看板砂金採りの極意について

 

砂金採り体験は、スタッフの方から一通り説明を聞いてから行います。

なんでも、砂金採りにも「ビギナーズラック」があるのだとか。

初めての人でも丁寧に教えていただけるので、安心してくださいね。

30分の体験で5粒程度採れるそうで、多い人は60粒以上も採ることもあるとか!(すごく小さな金も数えているそうです)

ちなみに、私達一家も初めてでしたが、3人で20粒以上採れました。

金山博物館砂金採り体験で採れた金3人分

砂金採り体験については、

どんな砂金が・どのくらい採れるのか・コツ・何歳から一人でできるのか

など、詳しくじっくりお伝えしたいので、別記事にて紹介しています。

 

金山博物館のゆるキャラ「もーん父さん」に会えることも♪

私が行ったときはお会いできず、心から残念・・・。

会えたらラッキーです^^

おみやげコーナーがおもしろい!

博物館内にある、おみやげコーナー。

山梨のワインや銘菓なども売っていますが、金山博物館ならではのおもしろいものも、たくさんありましたよ!

金山博物館のおみやげコーナー

 

これ、なんだかわかりますか?

自宅で砂金採りできるおみやげ

自宅でできる「砂金採りの砂」です!

これさえあれば自宅で砂金採りができる♪・・・と買っていこうか悩みましたが、これだけあってもどうしたらいいのでしょうか!?

お風呂とかでやるの???うーん。でも楽しそうです。

 

「砂金缶」もありました。

おみやげコーナーの砂金缶

パンニングするには、パンニング皿も必要ですね。

 

私が以前購入したことのある「こはくの缶詰」と同じ種類でしょうか。

博物館オリジナル商品っておもしろいですよね!

 

プロ仕様・競技用フラットパン。

おみやげコーナーにあった競技用パン

うすっ。

円盤&溝小さい・・・。

結構お値段もするのですね。

さすが競技用!

 

ちなみに普通のはこんな形です。

おみやげコーナーにあるパン

パンが欲しくて自作した我が家。

100均グッズの作り方・使い方などはこちら

 

おみやげと言ったら、定番・Tシャツ♪

金っていいよねと書かれたおみやげTシャツ

「金っていいよね」Tシャツ。

 

なかでも我が子が食いついたのは、こちら。

おみやげコーナーの金グッズ

金の手裏剣トランプ!

大好きな「忍者×金」でした。

金グッズもたくさんあって楽しかったです。

博物館情報・場所・アクセス

施設名 甲斐黄金村・湯の奥金山博物館
住所 〒409-2947

山梨県南巨摩郡身延町上之平1787番地先

電話 0556-36-0015
開館時間 7~9月:9~18時(最終受付17:30)

10~6月:9~17時(最終受付16:30)

定休日 水曜日(祝日の場合はその翌日)

年末年始(12月28日~1月1日)

8月は無休

公式ページ ホームページ

もーん父さんFacebook

ツイッター

博物館の最新情報は、ホームページやゆるキャラ「もーん父さん」のFacebookまたはTwitter から♪

 

自家用車:中部横断自動車道 下部温泉早川ICより約7分

電車:JR身延線 下部温泉駅より徒歩5分

 

料金

博物館の展示のみ / 砂金採りのみ / 展示・砂金採り共通 の3パターンから選ぶことができます。

大人 中学生 小学生 幼児
展示観覧 500円 400円 300円 無料
砂金採り 700円 600円 500円 500円
展示・砂金共通 1,100円 900円 700円 500円

 

クーポンはこちら

上記の金額から

・ 20名様以上で10%割引

・下部温泉街の各ホテル・旅館・案内所には 割引券あり

インターネットから10%割引(スクリーンショット可)

となります。

インターネットから10%割引は、プリントアウトして・・・と書かれていますが、携帯画面を提示しても割引になりました。

ぜひご活用ください。

オススメ周辺遊べるスポット

下部温泉周辺は、オススメスポットがあります!

  • 博物館駐車場の足湯
  • メロディーブリッジ
  • 下部温泉に浸かる(日帰り温泉をやっているところも)
  • 大すべり台(グリーンジャンボ)
  • ゆるキャン△スタンプラリーに参加

詳しく紹介していきますね。

足湯「しもべ黄金の足湯」

金山博物館の駐車場にある無料の足湯。

その名も「しもべ黄金の足湯」。

下部温泉の足湯

といっても、黄金ではありません。木のぬくもりあふれる、落ち着いた雰囲気です。

源泉かけ流しで36度のぬるめ温泉なので、ゆっくり入ってじんわりと暖まります。

弱アルカリ性の少しぬるぬるとしたお湯でした。

下部温泉の足湯

タオルがない場合は、博物館の受付で購入(350円)することができます。

メロディーブリッジ「ふれあい橋」

足湯から歩いて1分、メロディーブリッジがあります。

下部温泉駅から歩いて博物館へ行く場合は、このメロディーブリッジを通ることになりますね。

下部温泉のメロディー橋

この橋の両側にセンサーがついていて、人が通るとメロディーが流れます。

下部温泉のメロディーブリッジ

ちなみに車は通れないので、ゆっくり歩くことができます。

下部温泉の富士川支流

富士川の支流下部川では、渓流釣りやホタルを楽しむこともできます。

下部温泉

下部温泉でゆっくり宿泊もオススメですが、日帰り温泉もあります。

下部温泉の町並み

 

 

 

大すべり台(グリーンジャンボ)

下部温泉の山中に、大すべり台(その名もグリーンジャンボ)があります。

途中「熊野神社」を通って歩いていきます。

下部温泉にある熊野神社の参道

ソリを使って思いっきり滑って遊びましょう!!

下部温泉にある大すべり台グリーンジャンボ

かなりスピードが出て危険なので、最初はすべり台の途中あたりからチャレンジするといいですよ~。

くわし~く、まとめました

ゆるキャン△スタンプラリー

身延町といったらアニメ「ゆるキャン△」の聖地です!

「ゆるキャン△」の聖地めぐりをしながら、ミッションをクリアしてスタンプを集めていきましょう。

下部温泉駅の近くにある「丸一食堂」でお食事をするとスタンプを押すことができます。

金山博物館にはお食事するところがないので、ぜひ丸一食堂さんでお食事&スタンプに挑戦してみてくださいね♪

ゆるキャン△スタンプラリー・聖地を紹介

おわりに

山梨県身延町の下部温泉にある「甲斐黄金村・湯の奥金山博物館」について紹介しました。

かなりまじめに作られたしっかりとした博物館で、山梨県で採れた金の歴史を詳しく学ぶことができます。

砂金採り体験も楽しく、リピーターさんがたくさんいるそうですよ^^

大人こそ、砂金採り。をオススメします。

観光情報カテゴリの最新記事