シャインだけじゃない!種なし&皮ごと食べられるぶどう

皮ごと食べられるぶどうの代表といえば、近年人気上昇中のシャインマスカット!

甘くてジューシー、見た目もさわやかなエメラルドグリーン✨

種もなく、皮ごと食べられる食べやすさからも、とても人気があります。

 

 

シャインマスカット以外にも、種なし&皮ごと食べることができるブドウってあるのかな?

 

今回は「種なし&皮ごと食べられるぶどう」について、調べてみました!

種なし&皮ごと食べられるぶどう

シャインマスカット

山梨の直売所でかったシャインマスカット

マスカットの香りが強く、糖度が高い、エメラルドグリーンのシャインマスカット。

2006年品種登録された、比較的新しい品種です。

収穫時期は7月上旬~10月上旬と、比較的長く楽しめます。

 

完熟したシャインマスカットは黄色くなり、より甘みが強くなります。

が、手元にあったら、すぐに食べてしまいますよね💦

ぜひ一度、完熟シャインもお試しください😊

 

ナガノパープル

皮ごと食べられるぶどう

ナガノパープルは、“ナガノ” とついている通り、長野県の果樹試験場で作られ、2005年に市場に出始めた品種です。

巨峰とリザマート(皮ごと食べられる高級品種)を掛け合わせてできたため、巨峰のような黒ブドウで甘みが強く、リザマートのように皮が薄いぶどうとなりました。

見た目は巨峰のように、大粒の黒ぶどうです。

収穫時期は9月上旬~10月上旬にかけてです。

 

「ナガノパープル」は、シャインマスカットに続き大人気のぶどうですね!

シャインとナガノパープルの組み合わせが注目されています😊

 

瀬戸ジャイアンツ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Eli Sugimoto(@elimoat)がシェアした投稿

大粒でジューシー。と~っても甘い!

はじけるようにパンパンにふくれた果実は、少しボコボコした丸っこい形が特徴です。

皮が薄いので、皮ごと食べられます。

 

「瀬戸ジャイアンツ」は、「桃太郎ぶどう」とも呼ばれています。

岡山県のぶどう生産者さんで組織された「桃太郎ぶどう生産組合」の会員が作っているものを「桃太郎ぶどう」として出荷されているそうです。

 

クインニーナ

 

この投稿をInstagramで見る

 

miko(@fpmiko)がシェアした投稿

クインニーナは、2011年に品種登録されたぶどうです。

大粒で、かなり甘く、ジューシーなのが特徴です。

皮も薄く、実とはがれにくいため、皮ごと食べられるぶどうです。

 

収穫時期は8月上旬~9月下旬。

おもに、山梨県・長野県で作られています。

 

マイハート

 

この投稿をInstagramで見る

 

志村晃生(@akio5415)がシェアした投稿

「マイハート」名前もかわいらしいですが、粒の先がまるでハートのような形をした赤ぶどうです。

大粒で甘く、香りもよい。

それもそのはず、シャインマスカットから生まれた品種なんです!

種はなく、皮も薄いため皮ごと食べることができます。

 

収穫時期は9月下旬~と少し遅めです。

 

シャインの子供たち:志村葡萄研究所

山梨県笛吹市にある「志村葡萄研究所」。

何度もテレビにも出ているので、見たことがあるかたもいるかもしれません。

 

こちらでは、シャインマスカットを親に持つブドウの品種を改良していて、なんと20種類以上の子供が生まれているんだとか!

シャインマスカットのおいしいところを受け継いだ品種は、種なし&皮ごとOKなものも多いとのことです。

(上で紹介したマイハートも志村葡萄研究所さんで作られました)

 

その一部を紹介しますね。

  • 雄宝(ゆうほう)
  • クイーンセブン
  • コトピー
  • 美和姫
  • 天晴
  • 我が道

 

この投稿をInstagramで見る

 

志村晃生(@akio5415)がシェアした投稿

 

併設された農園カフェ「Grape shop ココロ」では、旬のぶどうをつかったパフェやタルトなどが楽しめます♪

 

志村葡萄研究所

住所:山梨県笛吹市御坂町大野寺811−1

電話番号:055-262-6345

 

Grape shop ココロ

住所:山梨県笛吹市御坂町下黒駒520−1

電話番号:070-4107-2844

 

「志村葡萄研究所のぶどう」お取り寄せ

 

おわりに

種なし&皮ごと食べられるブドウ、手軽に食べられるのでいいですよね!

これからどんどん新しい品種が出てくるのを楽しみにしています。