中央線東京週末フリー乗車券を使ってお得に山梨から東京へ遊びに行こう

2019年春、あずさ回数券が廃止されました。

あずさ回数券に代わる格安チケットとして「えきねっと」から発売される「トクだ値」がお得ということを以前紹介しました。

甲府-新宿まで特急指定席に乗ると通常価格3,890円が、お先にトクだ値だと2,710円となり、30%割引となります。

(詳しくはこちらの記事 ⇒ 2019年春あずさ回数券廃止が決定・山梨ー東京間を安く移動する方法

でもネットで事前予約とかちょっとめんどくさくて、他に方法はないのかな?

他の方法として、上記の記事で「中央線東京週末フリー乗車券」を紹介しました。

 

先日実際にこの乗車券を利用して、甲府駅から東京方面へ遊びに行きました。

実際に乗ってわかったこと、注意点、よりお特に乗る方法などを詳しくまとめていきたいと思います。

利用してみたい!というかたはぜひ最後まで読んでみてくださいね!

※ 中央線東京週末フリー乗車券を利用したのは、2018年11月(消費税8%)となります。

「中央線東京週末フリー乗車券」ってどんな切符?

「中央線東京週末フリー乗車券」は、中央本線を利用した、土休日2日間限定の乗車券です。
東京フリーエリアまでの往復券と、東京フリーエリア内で乗り降り自由な切符のセットとなっています。
山梨方面から東京方面へ週末の往復旅行に最適です。

 

この乗車券は普通自由席のみ利用できるのですが、別に特急券を買えばあずさなどの特急に乗ることもできます。

(HPはこちら:JR東日本 中央線東京週末フリー乗車券

 

ただし、有効期間開始日(乗車日)の1ヶ月前~前日までに買わなくてはなりません。

当日は買えないので注意です!

また、年末年始・GW・お盆などの繁忙期は利用できません。

 

どうやって買うの?

JR東日本の長野エリア~八王子エリアの「小淵沢~塩山」間のみどりの窓口、びゅうプラザ、指定席券売機及び主な旅行会社で購入することができます。

東京方面から購入することはできません。

(切符を逆方向で使う方法については、下で説明しています。)

 

今回私は、甲府駅にある指定席券発売機で購入しました。

改札の向かいにある切符売り場にあります。甲府駅 発券機

画面上をタッチしていき、入金すると切符がでてきます。

乗車券は、「ゆき」と「かえり」の2枚です。

お得な切符

他に「中央線東京週末フリーご案内」「アンケートのお願い」と、合計4枚でてきました。

中央線東京週末フリーご案内はこちらです。

フリー乗車券 甲府 東京

写真をクリックすると大きく見れますが、下に引用します。

このように書かれています。

中央線等東京週末フリーご案内

・フリーエリア内までの往復には、普通列車(快速含む)の普通車自由席がご利用いただけます。経路は中央本線経路です。

・特急・急行列車等をご利用の場合は別途特急券等をお買い求めください。

・フリーエリア内では普通列車(快速含む)の普通車自由席、東京臨海高速鉄道線、東京モノレール線が乗り降り自由です。

・東海道新幹線はご利用になれません。

・フリーエリアまでの往復の行程では途中下車できません。

・有効期間開始日の変更は有効期間内で未使用の場合に限り、変更を希望される有効期間開始日の前日まで1回に限り行います。

・有効期間内で「かえり」券が未使用の場合に限り発売箇所で払戻します。

とのことです。

 

料金表

行き先は東京フリーエリアとなっていて、出発駅によって値段が変わります。

往復2枚セットの価格です。(価格は2020.1更新)

大人 小児
信濃大町~豊科 5,700円 2,130円
松本~塩尻 5,290円 1,930円
辰野~上諏訪 4,880円 1,730円
茅野~富士見 4,580円 1,620円
小淵沢・長坂 4,270円 1,520円
韮崎 3,660円 1,220円
竜王~山梨市 3,360円 1,120円
塩山 3,050円 1,010円

ちなみに甲府駅は「竜王~山梨市」間に入り、大人3,360円です。

小児料金のほうが割引率が高くなります。

実際使ってみてどうだったか

以下、2018.11月(消費税8%)に使用した記録となります。

 

今回は、甲府駅から立川駅まで利用するために使いました。

甲府駅から3,300円で往復のフリー乗車券を購入しました。

甲府駅から立川駅まで正規料金が、往復3,320円(片道1,660円)です。

ということは・・・20円だけおトクだったということになりますね。

近かったため、思ったより割引になりませんでした。

 

使い方は、甲府駅から改札を入るときに「ゆき」券を通しました。

目的の駅に着いて改札を出るとき「ゆき」券は吸い込まれてしまい焦りましたが、どうやら乗り降り自由のフリー乗車券は「かえり」切符のほうのようです。

「かえり」切符は2日間有効で東京フリーエリア内では、乗り降り自由となります。

 

使い方でとくに困ることもなく、特急かいじにも乗れました。

車内で特急券を買いました。

今回は近場だったため、お特感はあまり感じられませんでしたが、何度も乗り降りしたり遠くまで行くならお得!ということがわかりました。

 

甲府からどこまで行くならおトク?

というわけで、ちょっと考えてみましょう。

甲府駅を基準として、どこまで利用すればおトクなのでしょうか。

甲府駅ー東京フリーエリア は3,360円です。(2020.1現在の金額で計算)

正規料金
甲府ー立川 往復 3,380円(片道 1,690円)
甲府ー三鷹 往復 3,960円(片道 1,980円)
甲府ー新宿 往復 4,620円(片道 2,310円)

どうやら「立川駅」がポイントのようですね。

立川よりも遠くへ乗車する場合は「中央線東京週末フリー乗車券」のほうがおトクということになります。

ただしこれは、普通列車での比較になります。

 

「えきねっと トクだ値」とどっちがおトク?

では、特急指定席に乗る場合はどうでしょうか。

インターネットで事前にチケットを購入する「えきねっと トクだ値」と比べるとどちらがよりお得か考えてみましょう。

「えきねっと トクだ値」は、甲府ー新宿間を特急指定席、往復6,980円(片道3,490円)で乗ることができます。

中央線東京週末フリー乗車券だと、3,360円+特急指定席1,580円×2=6,520円となります。

まとめるとこうなります。

甲府ー新宿
正規料金(乗車券のみ) 往復 4,620円
正規料金(特急指定席) 往復 7,780円
えきねっと トクだ値(特急指定席) 往復 6,980円
中央線東京週末フリー乗車券 往復 3,360円
中央線東京週末フリー乗車券(特急指定席券を別途購入) 往復 6,520円

特急に乗らないのであれば、中央線東京週末フリー乗車券が一番やすく特急に乗るのであれば、えきねっとトクだ値が一番お得に乗ることができます。

東京フリーエリア内で乗り降りしてあちこち楽しみたい場合には、中央線東京週末フリー乗車券が便利なのね!

子供料金の割引率もいいのでファミリーにオススメ!

 

逆方向「東京 → 山梨」で使う方法は?

中央線東京週末フリー乗車券は、山梨方面で購入して東京方面へ遊びに行くことを想定されて作られた乗車券です。

けれど、逆の「東京から山梨」方向に使うこともできます。

「ゆき」「かえり」券それぞれをどちらを先に使っても問題はないようです。

が、東京では買えません・・・。

 

手に入れる方法として考えられることは、

  1. 山梨県内の人に買ってもらい郵送してもらう
  2. 何度も往復する予定があるならば、事前に山梨で買っておく

ということになります。

検討してみてくださいね。

 

関連記事

山梨ー東京間を公共交通機関を利用して移動する方法をまとめました。 特急を利用するには「あずさ回数券」を利用するかたも多いですが、回数券より安く移動する方法があります。 詳しく紹介していきたいと思います。 なお、2019年3[…]

あずさ スーパーあずさ

 

おわりに

中央線の車窓からの風景は、山やブドウ畑が広がり本当にきれいで毎回ワクワクします。

山梨から東京へお得に遊びに行きましょう♪